クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
[picture of poem]    [picture of poem]    [picture of poem]

縦3段組を実現している組版定義は下記参照ソースを見てください.
上記サンプルは1995年の日記詩からの抜粋で別途まとめたものです.

     WEB詩集(pdf)[縦組版;和語詩]  ---You would print! is "●右綴じ:letter用紙(USA)"---
•2003年   4月-12月   All draft-files[*.tar.gz (+ running-cmd)]       ( •Refer(platex); poem-2   draft-files[*.tar.gz (+ running-cmd)] )
•2001年   1月-12月   All draft-files[*.tar.gz (+ running-cmd)]      •2002年   2月-10月   All draft-files[*.tar.gz (+ running-cmd)]     
•2000年   Clown-and-Traveler     Man-and-Woman     Childhood-and-Birds     All draft-files[*.tar.gz (+ running-cmd)]
•1997年   1月-2月     3月     4月     5月     6月     7月     All draft-files[*.tar.gz (+ running-cmd)]
•1996年   1月-2月     3月-4月     5月-6月     7月-8月     9月-10月     11月-12月     All draft-files[*.tar.gz (+ running-cmd)]
•1995年   1月-2月     3月     4月     5月     6-7月     8-9月     10-12月     All draft-files[*.tar.gz (+ running-cmd)]
•1994年   3月     4月-5月     6月     7月     8月     9月     10月     11月     12月     All draft-files[*.tar.gz (+ running-cmd)]

ハッブル宇宙望遠鏡(ハッブルが撮影した最新の画像) url;   ハッブル宇宙望遠鏡
文学愛好家必見 url; 仁丹の町名看板をよすがに京めぐり第1〜12弾
この列島の日本以前への社会入り口url; 井光(丹生都姫伝承;クリック)
       sheet-poem   Dir(top)

       All is "pTeX 原稿, runningはpdfptex.batの方です (poem-2;pLaTeX 原稿)"
             (TeX & pTeX が自前に呼び込んでいるfont一覧です. \font\preloaded ?)
%% 原稿ファイル; Man-and-Woman.tex %%%%%%%%%%%%%%%%%%%% %% code; utf-8 %% ●右綴じ:letter用紙 %% "3:54:15.50 2019/02/20" %% Time-stamp: "0:30:43.96 2019/02/21" %% This file is "私的コマンド名は全て大文字で綴ったこと". \input colordvi.tex %% input file CMYK color model. %%% テキストサイズ範囲 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% \hoffset-.5in \voffset-.5in \hsize=7.5in \vsize=9.9in %%% 和語font 縦組 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% \font\twmin=tmin10 at 12pt \font\twming=tgoth10 at 12pt \font\eightmin=tmin8 \twmin %%% 日本語縦組デフォルトフォント, 12pt(明朝10pt--->拡大12pt) %%% CM font %%%% \font\ninerm=cmr9 \font\sevenrm=cmr7 \font\sevenit=cmti7 \font\eightit=cmti10 at 8pt \ninerm %%% 欧米語デフォルトフォント, cmr9pt %%% 任意マクロ定義の例, その他 %%%%%%%%% \def\BR{\hskip 0pt plus 1filll\break}%% 属性を継続して改行. %% cf(\BR): \parは行を段落と見ての改行行動 \def\VSP{\vskip 20pt plus 0pt minus 0pt} %% 20ptの無伸縮空白(水平;縦組モード) %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% %%% ヘッダ・テキスト, \headline{\ninerm\eightmin \Sepia{---Page~$\rm\number\count0$--- \hfill Web Poem\quad 2000\lbrack\thinspace {\eightit Man and Woman}% \rbrack\hskip 6pc}} \footline{\hfill}%%% フッタ・テキストは空の設定 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% %%% ページbox//vbox to \vsize{\hbox to \hsize{//を\vsplitで三つに分割 %%% \unvboxでテキスト値参照後レジスタ値を空にし,loop....repart %%% 組版 項目---縦組---%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% %%% ● 以下, 水平方向が縦組||垂直方向が横組......の思考で行うこと. %%%%%%%%%%%% %%% Naochan!.tex(dviout fo Windows 3.11 dviout/ptex/)参照.%%%%%%%%%%%%%%%% %%% 改ページは自動処理 %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% %%% 3段組:マクロ名TRIO \def\TRIO{% \loop\ifvbox0 \vfill \vbox to \vsize{\baselineskip0mm \lineskiplimit0mm% \vss \hbox to \hsize{\hss% \vbox{\tate \hbox to 240mm{\hskip 10mm \setbox1=\vsplit0 to 138mm \vtop to 138mm{\unvbox1} \hskip -5mm \setbox1=\vsplit0 to 138mm \vtop to 138mm{\unvbox1} \hskip -5mm \setbox1=\vsplit0 to 138mm \vtop to 138mm{\unvbox1} \hss \hskip 10mm }}% \hss}% \vss}% \vfill \eject \repeat }% %%% 上記処理に関する指定パラメター %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% \splittopskip=0pt %% \vsplitで育成されるboxの最上部glue値は0ptとする. \splitmaxdepth=0pt %% \vsplitで育成されるboxの最大深さ値は0ptとする. \tbaselineshift=2pt %% 縦組における欧文のベースライン値 \baselineskip=5mm plus .25mm %% -------------行間glueの値と+値の許容. \lineskiplimit=0pt %% -------------値は0とする. \lineskip=0pt %% -------------値は0とする. \leftskip=3zw %% 左マージンの2zw追加. \parindent=0pt \parskip=0pt %%%% 部の記述;ページBoX open %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% \setbox0=\vbox{\tate \hsize=81mm %%%% 本文部分. {\hskip -1pc \twming\Blue{夜雨音色(やしゅうねいろ)}}\par \vskip 16pt plus 0pt minus 0pt \Blue{ 夜に落つ涙の雨音は\BR 愛しい人の悲しい涙音\BR 男の部屋へと叩く鈴音\BR 逢えない想い怨み涙音\BR 女の性の哀れ叫び音色\BR \VSP 夜に落つ涙の雨音は\BR 愛しい人への想い音色\BR 男は部屋で耐える哭音\BR 幸せ願い噎び泣き涙雨\BR 男の哀れ叫び斬る音色\BR \VSP 夜に落つ涙の雨音は\BR 男と女の哀れな響き音\BR 女と男の哀れな道行色\BR 凡て流せと諦めの音色\BR 男と女が情を分る哭音\BR } \hbox{\hskip 6pc\Blue{2000/ End draft}}\par \vskip 1.6pc %%次詩との位置調整挿入グルー \vfill {\hskip -1pc \twming\CornflowerBlue{霧雨音色(むしゅうねいろ)}}\par \vskip 16pt plus 0pt minus 0pt \CornflowerBlue{ 夜の街路に木霊する靴音\BR 霧雨が情を濡らし\BR 男と女がコツコツと\BR 揺れ響かせて歩いている\BR \VSP 互いに喋ることもなく\BR 男は疲れきって\BR 女は諦めきって\BR お互いに傘をさし\BR 並木道を歩いて行く\BR 霧雨の中を歩いている\BR \VSP 遊歩道に響く靴音が\BR 外灯に照され\BR 見果てぬ互いの音を絡ませ\BR 男と女が歩いている\BR } \hbox{\hskip 6pc\CornflowerBlue{2000/ End draft}}\par \vskip 1.6pc %%次詩との位置調整挿入グルー \vfill {\hskip -1pc \twming\Blue{残り雨}}\par \vskip 16pt plus 0pt minus 0pt \Blue{ 男と女は悲しいね\BR 男は夢を失い\BR 女は夢を描き\BR 男と女は哀れです\BR \VSP 秋雨は淋しいね\BR 夢をなくした男と\BR 明日を待っている女と\BR 秋雨は寒いです\BR \VSP 男も女も哀れです\BR 男は無口で\BR 女を抱いて\BR 男も女も淋しいです\BR } \hbox{\hskip 6pc\Blue{2019/ End draft}}\par \vskip 1.6pc %%次詩との位置調整挿入グルー \vfill {\hskip -1pc \twming\CornflowerBlue{あまおと}}\par \vskip 16pt plus 0pt minus 0pt \CornflowerBlue{ 女の顔は青白なって\BR 男の顔も白づいて\BR お互いに無口色で\BR 男も女も哀れ色に染まって\BR \VSP 秋雨は寒色ですね\BR 夢色を冷まさせ\BR 男と女は昔を恋し\BR まだ幼い日々のあの時を\BR \VSP 女は人生に醒めて\BR 男は黙って傘を差す\BR 相合い傘の男と女へ\BR 氷雨混じりは悲しい雨色\BR } \hbox{\hskip 6pc\CornflowerBlue{2000/ End draft}}\par \vskip 1.6pc %%次詩との位置調整挿入グルー \vfill {\hskip -1pc \twming\Purple{男と女}}\par \vskip 16pt plus 0pt minus 0pt \Purple{ 女は男を\BR 信じられなくなった\BR 男も女を\BR 信じられなくなった\BR \VSP 人が人を\BR 信じられなくなると\BR 顔の形まで\BR 変ってしまうのですね\BR 女も変ったし\BR 男も変った\BR \VSP 男と女は お互いに\BR 帰らぬ日々を振り返えり\BR 戻らぬ思いへ恋い焦がれ\BR なくした心に涙を流す\BR } \hbox{\hskip 6pc\Purple{2000/ End draft}}\par \vskip 1.6pc %%次詩との位置調整挿入グルー \vfill {\hskip -1pc \twming\Purple{男と女(二)}}\par \vskip 16pt plus 0pt minus 0pt \Purple{ 女はEye Shadowと\BR Manicureを塗り\BR 男は 疲れて\BR 黙って 待っている\BR いつしか目で語りだし\BR 言葉を失った\BR 女と男は哀れです\BR \VSP 灯りに照された\BR 女と男の笑い顔に\BR むつろな声が響きは\BR 風に流されて\BR 街を吹かれ過ぎる\BR Manicureの手が動き\BR EyeShadowが光り\BR 女は灯りに流されて\BR 男も夢に流されて\BR いつか男も女も戻らぬ\BR 橋を渡っていた\BR } \hbox{\hskip 6pc\Purple{2000/ End draft}}\par \vskip 1.6pc %%次詩との位置調整挿入グルー \vfill {\hskip -1pc \twming\Purple{男と女(三)}}\par \vskip 16pt plus 0pt minus 0pt \Purple{ 恋の流れの行き先は\BR 女の泪の止むる時\BR 刃物の悲しい血の匂い\BR 一度の生きの悲しさよ\BR \VSP 戻らぬ旅路の門出ゆえ\BR 衣裳化粧の儚さよ\BR 生きてかなわぬ幸せを\BR 月の明かりが照らしている\BR \VSP 祭りの夜の路地裏通り\BR 風が吹いて流れ行く\BR 吠えたい生きの人の世を\BR ぐいっと心に沈ませて\BR \VSP 旅路の女の幸せを\BR 一途に祈る悲しさよ\BR 男と女は哀れなり\BR 女と男は悲しいなり\BR } \hbox{\hskip 6pc\Purple{2000/ End draft}}\par \vskip 1.6pc %%次詩との位置調整挿入グルー \vfill {\hskip -1pc \twming\Purple{旅立ち}}\par \vskip 16pt plus 0pt minus 0pt \Purple{ 女の身体は柔らかく\BR 男の流す涙を\BR 優しく受けとめ\BR 男を抱いて\BR 母のように包んでくれる\BR \VSP 男は幾つになっても\BR 子供ですので\BR 女の乳を吸いながら\BR 見果てぬ夢を\BR 追い求めるものです\BR \VSP でも 男は知っている\BR 女と別れる日を\BR 男は いつだって\BR 母からは\BR 独立していくものですので\BR } \hbox{\hskip 6pc\Purple{2000/ End draft}}\par \vskip 1.6pc %%次詩との位置調整挿入グルー \vfill {\hskip -1pc \twming\Purple{通い道}}\par \vskip 16pt plus 0pt minus 0pt \Purple{ 世間を知った女は\BR 男を餌にしてね\BR 男は女のそういう\BR 力に抱かれるものです\BR \VSP それはそれで良いのですがね\BR いつかは抜き差し\BR ならなくなってしまいまして\BR 男も女も刃物の日々が\BR 三昧をおくるようになってしまいました\BR 互いに刺し違いたままで\BR 死んでくれればよいのですが\BR 世の中そんなには\BR 簡単に甘くはないようです\BR 生き残った男の道も地獄なら\BR 生き残った女の道も地獄路です\BR \VSP 今度こそやり損なわず\BR 男と女は殺し合う\BR 永遠に目を瞑るために\BR 二度と眼を開かないために\BR } \hbox{\hskip 6pc\Purple{2000/ End draft}}\par \vskip 1.6pc %%次詩との位置調整挿入グルー \vfill } %%%%%%% \setbox0 (をいったん閉じる)終了. %%%%%%%%%%%%%%%%%%%% \TRIO %% \setbox0 の内容を縦3段で組む,終了後\setbox0の値は0 %%%% 強制改ページ実行 ; 再度始める %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% \supereject \setbox0=\vbox{\tate \hsize=81mm {\hskip -1pc \twming\RubineRed{夜叉}}\par \vskip 16pt plus 0pt minus 0pt \Red{ 夜叉よ 愛しているのなら\BR この私を殺せるというのか\BR 憎んでいるのなら\BR この私を殺せるのか\BR 私のこの命を\BR みごと散らせることが\BR 出来るというのか\BR \VSP 何時でもいいよ\BR 私を刺してごらん\BR 私がどうでるか\BR 私もそれを知りたくてね\BR むしろ夜叉になって\BR あなたが狂う方が\BR 私は怖い\BR 狂ったお前を\BR 抱き締め愛撫する\BR おのが心が怖い\BR 狂ったお前の愛撫が\BR 心に染み込む方が\BR 私は怖い\BR \VSP 夜叉よ愛しているのなら\BR この私を殺せるのか\BR 憎んでいるのなら\BR 私を殺せるというのか\BR 私のこの命を\BR みごと散らせて欲しい\BR 夜叉よ 散らせて欲しい\BR } \hbox{\hskip 6pc\RubineRed{2000/ End draft}}\par \vskip 1.6pc %%次詩との位置調整挿入グルー \vfill {\hskip -1pc \twming\CarnationPink{窓明かり}}\par \vskip 16pt plus 0pt minus 0pt \CarnationPink{ しあわせを逃がした\BR おとこは何処へ行くのでしょ\BR しあわせを掴み損ねた\BR おんなはどうするのでしょ\BR 一家団欒の窓灯かりを\BR 眩しく眺めて佇んで\BR 足元に落ち葉がまとわりつき\BR 行く場所も無い戸惑いを\BR 男も女も夜風に流している\BR \VSP 踏み違えた己の道を\BR 屋台の酒で紛らわせ\BR 酢えた匂いが中で\BR 無かったしあわせの夢へと\BR 心が微睡み 男も女も\BR 束の間の温もりに浸る\BR \VSP 幸せを掴み損ねた\BR 男は死に場所を求めて\BR 幸せを逃がした\BR 女も死に場所を求めて\BR 死に切れずに生きている\BR 人の幸福をただ眺め\BR 身に吹く冬の風へ\BR そうであったしあわせを\BR かすかに夢に炊き\BR 木枯らしがそれすらも\BR 消さっていく\BR } \hbox{\hskip 6pc\CarnationPink{2000/ End draft}}\par \vskip 1.6pc %%次詩との位置調整挿入グルー \vfill {\hskip -1pc \twming\Red{鮮血}}\par \vskip 16pt plus 0pt minus 0pt \Red{ 雲間に出る紅の月が\BR 女の白い両の手を\BR 真っ赤に染めさせるなら\BR 男はどうすればよい\BR ただ見ているだけか\BR いや なさせるままか\BR \VSP それもよいだろう\BR \VSP 月の明かりに光る\BR 刃物の冷たきを見るのも\BR \VSP 唯一心配なのは\BR 女が 間違いなく\BR 殺してくれるかである\BR やり損なって\BR 生きるはいやだ!\BR \VSP 死に切れない己の\BR 姿を見るのは嫌だ\BR \VSP 紅の月が雲に隠れ\BR 女の手が鮮血に散ったとき\BR 死に切れないことを恐れて\BR 鮮血の手を握ったまま\BR 己を殺し続けるだろう\BR } \hbox{\hskip 6pc\CarnationPink{2000/ End draft}}\par \vskip 1.6pc %%次詩との位置調整挿入グルー \vfill {\hskip -1pc \twming\Blue{なみだ}}\par \vskip 16pt plus 0pt minus 0pt \Blue{ 涙が月夜に光り\BR 生きる力を\BR 無くし始める\BR \VSP 生きが絶えたのなら\BR 二人とも\BR 永遠の幸せを\BR 掴むというのだろうか\BR 死んだら\BR 花が咲くというのか\BR 生きて咲くことのない花を\BR 無言の死体となれば\BR 咲くというのか\BR \VSP 男の安堵の顔が\BR 月の明かりに照らされて\BR 女の化粧も照らされて\BR \VSP 息せぬ二人の道行きを\BR 月の明かりが照らしている\BR 生きて掴みたかった幸せか\BR 寒夜に吹き来る冷え風が\BR 男と女の\BR 咲かなかった花を\BR 吹き去って\BR 来し方行く末へ消えて行く\BR 祈りの闇へと去っている\BR } \vskip -4pt \vbox {\eightmin \baselineskip 8pt \hskip 6pc \bf End all % \lbrack\thinspace {\eightit Man and Woman} \rbrack} \vskip 1.6pc %%次詩との位置調整挿入グルー \vfill %%% 本文記述;end %%% } %%(\setbox0 の終了.) \TRIO %% \setbox0 の内容を縦3段で組む,終了後\setbox0の値は0 \bye %%% 全処理終了%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% %%%%%%%%%%%% refer; running用バッチファイル %%% windows OS用 cmd>run--pdfptex 原稿ファイル名(.texは省略)[Enter] %%% running終了後; pdfファイルが自動Openします. %% run--pdfptex.cmd %%% %%% %%% %%% %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%% call pdfptex %1.tex %1.pdf erase *.log *.gz *.dvi dir /oe %%% %%% %%% %%% %%% %%% %%% %%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%