1) Download; TeX & Ghostscript

Texinfoを(使用)状態環境にするには,TeXが必要になります,何故?はpdf,html,infoの3種類のドキュメント文書を 同時に作成するTeXの一部だからです,
LilyPondチームは著者が描くTeX文章 (TeX, LaTeX, Texinfo)の中にlilypondのコードを記述できる仕組みを LilyPond側から提供(TeX内部でなく)しています.
著者の書いたTeX原稿ファイルを始めにlilypond-book(.py)がトークンし,その内部の Lilypondコード記述部分をlilypond.exeが処理し結果(epsファイル)を
その当確箇所に置き換えてTeX原稿ファイル(同名で)を吐き出します. …ですので,必ず
        lilypond-book --output=out --pdf 著者原稿ファイル.[Enter] …実行書式になり
TeXでのrunning指示はoutの中のTeX原稿ファイル(同名)の方で行います (outの名前付けは任意命名です.)
  • Texinfo記述・原稿文書からhtmlファイル化の取得は 別途(項目で)解説します.

  • また,GhostscriptはTeX・Lilypond両者のどちらにも 関わっています.が,path;lilypond環境内(bin\gs.exe)は Windows OSは関わらないです.
    (windows OSはexeで言うならgswin64.exe/gswin64c.exeでcalled されます.
            gswin64c.exe  はコマンドライン・バッチファイルからのcall (psコード記述のrunningのみ),
            gswin64.exe  はGUI(目視しながらpsコードを編集できる)のAppです.
    Adobe社の許可を得てPostScript言語をトークン処理できる Openソースとして開発されているプログラムがGhostscriptです.

    TexinfoとGhostscriptに関する(市販)参考書は皆無近いです.それでもweb上で 以下を検索できます (以下で十分です.)
  • (Gnu)Texinfo;    (和語解説書;html)  texinfo-ja(version 4.3,14) [Windows10 OK]
  •              (………At Moment(2019) のDocument(Texinfo.pdf)は;"Texinfo version 6.7, 23 September 2019" [英語版]………)
  • 日本語環境用(+English)Ghostscript;    (和語解説書;pdf) PostScript実習マニュアル)


  • TeXのdownloadですが, Web検索で 色々とヒットします, 概ね専用のインストローラーAppが存在し, CTANのTeX-Liveがターゲットになっています.
    それはそうで....とにかくTeX-system がパソコンの中でrunningしなければTexinfoまで辿り着けないので.
    この解説ではURL"W32TeX based on TeX Live 2019 and Kpathsearch 6.3.1" をターゲットとしています, (World)通称[角藤版TeX]
  • 下図を参照です.(FTPでのリンク・アクセス場所(URL)のWeb表示です. [ftp://ftp.core.ring.gr.jp/pub/text/TeX/ptex-win32/current/]
  • 以下解説はFTPを利用してのDownload説明になります. 上図がHttpで下図がFTP(私の)

    [picture] [picture]

  • FTPソフトはいずれ必要になってきます(FTPソフトは有償・無償と沢山あります, ご自分の感性に合ったものを選定が良いです.)
  • 多分FTPソフトにはTeX Systemのdowload等々は ディフォルトでsettingされているはずです.
    あとは,DownLoadのファイルを自分のパソコンのどこに置くかのsettingで 済むと思います.
    FTPに於ける,これらのアクセス先は研究所機関・大学機関のサーバーです,
  • 土日の深夜時間帯でお願いします.
  • 全ファイルのdownloadなのですが, ファイル指定は2~3個指定単位で続行を心がけをお願いします.
  • 特に容量の多きファイルは1個単位で 実行を推薦します.
  • 次から次へと矢継ぎ早でなく 1ファイル・1ファイル余裕をもってdownloadを実施して行く.
  • サーバーのdownload仕組みは;指定されたファイル群を   1)サーバーのcache memoryへcopy置かれます,
    2)そこからdoenloadへと送り出し,終了・削除・次に 指定されたファイルを取りに行き,此処へ置く---
    この繰り返し作業に充分な時間を与える優しさは必要です.
    気長に進める…いずれ(1時間もあれば) 最後のファイルまで辿り着きますので.
  • Win64のdirectoryも,そっくりdownloadします (64bitでのrunningです.)
  • TeXのファイルすべてをdownload終了後,

    上図のdir(ファイル群)表示のTop行を参照してください.
           [http]Up to higher directory
           [ftp]緑色の [Host'/pub/text/ptex-win32']があるフォルダーアイコン
    この文字列をクリックすると下図のように gs(Ghostscript)locationが現れます.

    [picture] [picture]

  • gsをクリックすると下図のように,過去から今日までのGhostscriptの プログラムが格納表示されています.
  • 最終語尾のgs927w64full.gpl.exeをDownloadします.
  • [picture] [picture]

    FTPソフトの表示は,私のsettingのものです.どのFTPソフトでもその表示(窓)は 様々なsettingが用意され…自分の感性に即したsettingが可能です.


    私は年一回自己パソコンの; TeX-system・Ghostscript・Lilypond…… 環境を更新を行っています.
    プログラマーでも無かったし・パソコンの技術など 知らない素人の私ですらこれらの作業は可能ですので.


    Download; TeX & Ghostscript 作業は終了です.
    言えることは,TeXのコアに近い(plain-TeX)で ある程度の文章綴りが自由自在可能になるとLilyPondは自ずから自然に容易に 身に仕えてきます.
    TeXについて;
    「明快TeX—すぐに使える全機能解説—」 (絶版)ですが是非とも必要です(多くのTeX解説書物よりも).
    Web検索で図書館放出(廃棄)本として古書店を ヒットするときがあります.この上ないラッキーのチャンス!!
    CTANに英語版(pdfファイル)[TeX for the Impatient] の著者オリジナル原稿が蔵書はされています. ...../CTAN/info/impatient/book.pdf
    ミラーサイト; ftp://ftp.u-aizu.ac.jp/pub/tex/CTAN/info/impatient/book.pdf
    book.pdfの "トンボ-page41~61//paper-page21-41" exampl項目の 右ページの原稿ソース//左ページその結果表示;
    ここのページ毎の原稿ソースを実際に新規ファイルで記述してrunningしてみると TeX文章記述は容易になります(様々な判断能力と理解が襲ってきます).
    他に参考書として; 「TeX by Topic— TeXをより深く知るための39章—」(絶版) これはもうwebでもいまだかってヒットしたことが無いです.
  • もちろん;「TeX ブック」は今日でも手に入ります.





  • Downloadした;これらファイル群の展開(解凍or伸長)は以下で解説します
    3) 趣味としてLilyPond・Texinfoでの定年退職後の余暇歩き.

    End.